ポリカーボネート樹脂フィルム

Polycarbonate resin film

Abstract

(57)【要約】 【課題】 フィルム強度、色相、透明性に優れ、延伸フ ィルム特性の良好な耐熱性ポリカーボネート樹脂フィル ムを提供する。 【解決手段】 全芳香族ジヒドロキシ成分の5〜95モ ル%が9,9−ビス(4−ヒドロキシ−3−メチルフェ ニル)フルオレン、95〜5モル%が他のジヒドロキシ 成分からなるポリカーボネート共重合体より形成される フィルムであって、該フィルムの塩化メチレン溶液での 20℃における極限粘度が0.55〜1.0の範囲であ り、且つ引っ張り破断強度が73〜98MPa(750 〜1000kgf/cm 2 )および引っ張り破断伸度が 15〜200%の範囲であることを特徴とするポリカー ボネート樹脂フィルム。
PROBLEM TO BE SOLVED: To prepare a heat-resistant polycarbonate resin film which has an excellent film strength, hue and transparency and good properties as an oriented film. SOLUTION: This polycarbonate resin film comprises a polycarbonate copolymer wherein the all-aromatic dihydroxy component comprises from 5 to 95 mol% 9,9-bis(4-hydroxy-3-methylphenyl)fluorene and from 95 to 5 mol% other dihydroxy components. The film has an intrinsic viscosity at 20 deg.C in a methylene chloride solution of from 0.55 to 1.0, a tensile strength at break of from 73 to 98 MPa (from 750 to 1,000 kgf/cm2) and a tensile elongation at break of from 15 to 200%.

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2010126594-AJune 10, 2010Mitsubishi Engineering Plastics Corp, Mitsubishi Gas Chemical Co Inc, 三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社, 三菱瓦斯化学株式会社ポリカーボネート樹脂およびそれを用いた高表面硬度フィルムまたはシート